Isoニュース

みんなのニュース

    カテゴリ: スポーツ

    1: なまけものさん 2018/05/17(木) 06:28:49.51 ID:CAP_USER9
    国際スケート連盟(ISU)は16日、6月4~8日にスペインのセビリアで開く総会の主な議題を発表し、
    フィギュアではフリーで同一種類の4回転ジャンプを1度に制限する変更案が入った。

    技術点で各要素につける出来栄え点の幅をこれまでのプラス3~マイナス3の7段階からプラス5~マイナス5の11段階に拡大する規則改正案も諮る。

    男子では多種類の4回転を跳ぶ時代に突入しており、
    平昌五輪で66年ぶりの五輪2連覇を果たした羽生結弦(ANA)はフリーでサルコーとトーループを2度ずつ組み込んだ。

    世界選手権王者のネーサン・チェン(米国)はこれまでに5種類の4回転に成功している。
    スピードやショートトラックではフィギュアと同様に四大陸選手権を創設する案が含まれた

    スポーツ報知 5/17(木) 6:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000344-sph-spo

    写真
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526506129/

    【フィギュアスケート またルール変更】の続きを読む

    1: なまけものさん 2018/05/12(土) 06:58:28.66 ID:CAP_USER9
    KGB上がりの筋骨隆々な大統領ならともかく、果たして華奢な姿の彼女に大型犬が飼えるのか心配だ。フィギュアスケートの女王、アリーナ・ザギトワ(15)。平昌五輪で金メダルを獲得したご褒美に秋田犬「マサル」が贈られることになったが、実は愛犬と一緒に暮らすわけではないという。いったい、ナゼ? 

     そもそもザギトワに秋田犬が贈呈されることになったきっかけは、ロシア・フィギュアスケート連盟のサイトに、彼女が秋田犬を欲しがっているという記事が載ったことだった。

    「その記事をウチの会員が見つけ、“喜んでいただけるなら贈呈します”と書き込んだのです」

     と語るのは、秋田犬保存会の会長で、代議士でもある遠藤敬氏。

    「さらに、外務省を通じてロシア大使館経由で確認したところ、1週間ほどして本人が欲しがっているという正式な返事がきました」

     4月5日、アイスショー出演のために来日していた彼女の元を訪ね、5頭の秋田犬の写真を見せたところ、

    「彼女は15分ほど写真を見て、赤毛の犬を選びました。スケートをしている時とは違って、ニコッと笑って、本当に犬が好きなんだなと感じましたね。10日に1度は、その犬の動画を撮って送る約束をし、先日もエサを食べている動画を送ったほどです」(同)

     雌犬なのに、気の早い彼女が“勝利”にちなんで「マサル」と名付けて話題にもなったが、5月3日に秋田県大館市で開かれる秋田犬の展覧会で、ようやくお披露目。6月上旬には彼女に引き渡される予定だという。

    リンクの施設内

     現在、トレーニングのため故郷のイジェフスクを離れ、モスクワの2DKのアパートで祖母と2人で暮らすザギトワ。すでに猫と2匹のチンチラを飼っているというが、彼女にマサルの飼育は可能なのか。

    「決まった時間に食事や散歩をさせるという生活のリズムが守れれば、彼女のような少女でも秋田犬を飼うのに問題はありません。散歩も大型犬だからといって時間を掛けなければならないわけでもなく、柴犬でも秋田犬でも同じ。30分も歩けば大丈夫です」(同)

     とはいえ、遠征などもある彼女の場合、とても規則正しくマサルの飼育が出来るとは思えないが、

    「ロシアのフィギュアスケート連盟が全面的にマサルの面倒を見るそうです。自宅が手狭で飼えないのではという声もありましたが、犬舎は彼女が練習場として使うスケートリンクの施設内に作ると聞きました。所属クラブの子供やコーチにも可愛がってもらいたいと考えているようですから、犬にとっても良い育て方だと思います」(同)

     3月に行われた世界選手権では、五輪後に身長が3センチ伸びた影響でバランスを崩し、まさかの成績不振に終わったザギトワ。“マサル”を飼うことで、スランプから復活し、再び勝利を飾る日は来るか? 

    「週刊新潮」2018年5月3・10日号 掲載

    5/12(土) 5:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180512-00541815-shincho-spo

    写真
    no title


    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180512-00541815-shincho-000-1-view.jpg

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526075908/

    【ザギトワ秋田犬「マサル」勝ち組決定!】の続きを読む

    1: なまけものさん 2018/05/06(日) 09:39:01.14 ID:CAP_USER9
    5/6(日) 9:30配信
    サンケイスポーツ

     野球評論家の張本勲氏(77)が6日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(44)がベンチ入りメンバーの25人枠を外れ、会長付特別補佐に就任したことについて言及した。

     張本氏はマリナーズに喝を入れた上で、「練習はさせるけど、ゲームは出さない? お預けしているみたいでひどいじゃないか」と激怒。イチローが会長付特別補佐に就任することには、「何の役にも立たない。やるならGMの上の球団社長かあるいはオーナー代行。マリナーズは来年、日本で開幕戦を行う。そのときにピンチヒッターとして使おうとしている。客寄せパンダみたいに」と疑問を呈した。

     大リーグ現役最年長野手のイチローが今年の残りシーズンは選手としてプレーせず、チームに同行し、同僚や首脳陣らをサポートするメジャーでも極めて異例の契約内容。本人は従来50歳まで現役続行を公言するなどプレーをする意欲は高く、来季以降にマリナーズの一員として故障者が出た場合などに選手としてプレーする可能性がある。この契約を結んだことで日本球界に戻る可能性はなくなった。

     イチローは昨季限りでマーリンズからフリーエージェント(FA)となり、2012年途中まで在籍したマリナーズに6年ぶりに復帰。大リーグ現役最年長野手で、今季は控え外野手としてチームの29試合のうち15試合に出場。先発出場したのは13試合で、9安打、打率2割5厘にとどまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000509-sanspo-base

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1525567141/

    【張本氏、イチローの転進に正論「何の役にも立たない」「客寄せパンダみたい」】の続きを読む

    1: なまけものさん 2018/05/01(火) 14:27:07.27 ID:CAP_USER9
    no title


    米大リーグカブスのダルビッシュ有投手が1日、ツイッターを更新し、エンゼルスの大谷翔平投手からもらったバットを「早速折ってしまいました」と無念の報告。ぱっくりひびが入ったバットの写真をアップした。

    ダルビッシュは28日に更新したツイッターで「バットを頂いたので早速使ったら2塁打を打てました。ありがとうございました」というつぶやきとともに、「大谷翔平」とかかれたバットの写真をアップ。「二塁回ってこけたので次はスパイクください」とちゃめっ気たっぷりに後輩へ呼びかけた。

    それからわずか3日。「早速折ってしまいました。。」とタテにひびが入ったバットの写真をアップ。「なんでバッティング練習で使ってしまったんや。。」と、練習で使用したことを後悔していた。

    ファンからは「ダルさんが折った翔平モデルのバット…貴重過ぎます」「ダルさんが折った大谷さんのバット、欲しいです」「も…もったいない…」など、2大スターが関わったバットの行方に興味深々の様子だった。

    5/1(火) 12:51
    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000044-dal-spo

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1525152427/

    【ダルビッシュ、大谷からもらったバットを折る】の続きを読む

    1: なまけものさん 2018/04/27(金) 17:06:05.18 ID:CAP_USER9
     サッカーW杯ロシア大会に出場する日本代表監督を9日に解任された、バヒド・ハリルホジッチ前監督(65)が26日午後、都内で会見を開いた。同氏は「なぜ、西野さんにしても、問題があるぞと1度として言ってくれなかったんだ…1度として。何かあっても、誰も何も言わなかった。西野さんの方が、私に何か言おうとしていたが」と、日本サッカー協会(JFA)側から、問題の指摘もないまま突然、クビを切られたと怒りをあらわにした。

     ハリルホジッチ氏は3月のベルギー遠征を振り返り「マリ戦の後、私はフランス-コロンビア戦を見た。その後、ベルギーのリエージュに戻ったのが午前4、5時と遅い時間だった。そこで話が来たわけです。『1人の選手の状態が、あまり良くないと』」とJFAサイドから突然、選手との問題を指摘されたと明かした。その上で「『分かってます、あとで解決できます』と言ったが、そこで、いろいろな問題があり、会長がたくさんの選手とコーチに連絡した」と、まくしたてた。

     さらに、田嶋幸三会長から7日にパリで解任を告げられた際の様子についても赤裸々に明かした。「7日、会長からパリのホテルに呼び出しを食らった。『ハリルさん、これでお別れになりました』と言われた。『ジョークだろ?』と言った1分後『なぜ?』と聞いたら『コミュニケーション不足』と。怒りが沸き立ち『どの選手と?』と言ったら『全般に…』と言われ、5分でホテルを出た。怒りが沸き立ち、動転し何が起こったか分からなかった」と力を込めた。【村上幸将】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00191728-nksports-socc

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524816365/

    【ハリル氏、不発会見】の続きを読む

    このページのトップヘ